• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

涙腺ゆるゆる星人の「ありがとう♪」通信

自然の中にいる時とか、たまたま見かけたワンシーンだけでも、ウルウルモードになる人って、少ないのかな...?


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松城と伊良湖

  1. 2007/04/02(月) 07:10:56_
  2. 旅とか
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
昨日は、ポカポカだったから
桜がキレイそうな浜松城に行って
渥美半島の伊良湖へ行ってきた。

浜松城は
桜祭りも開催していて
太鼓も披露されていたから
すごい人、人、人だった!

桜は満開で
風が吹くと、パラパラと桜吹雪
桜の季節にお城に行けるなんて幸せ♪

北海道生まれ育ちの私には
一昨年くらい前までは
お城は、あまりピーンと来ない存在だった。

今は
お城の天守閣から見える景色が楽しみで
そして
昔の英傑達の身辺に少し触れる事が出来るのも楽しみ!!

渥美半島の伊良湖は
至る所に菜の花畑の黄色が目に眩しい♪

私、伊良湖って、湖だと思っていたけど
実は海に面した場所だったようで
「恋路ヶ浜」なんて
ロマンチックな砂浜も有る。

「恋路ヶ浜」の名前の由来を
今、調べてみたら...

昔、恋ゆえに都を追われた男女がいて、
女はこの浜に、男は裏浜に人目をさけて住み、
ふたりは逢瀬もままならないまま病に倒れ、
お互いの名前を呼びながら亡くなった。
その女の心は女貝に、男の心はミル貝になったという伝説だそう。

もっと明るい話かと思ったら、
シクシク(;_;)系の話。

そんな伝説など知らずに、
「恋路ヶ浜」の波と追いかけっこ
すっかり童心に帰っていた♪
スポンサーサイト

<<灯台下暗し | BLOG TOP | 一宮 木曽川堤>>

comment

ひろこさん、頑張って下さいね♪

  1. 2007/04/03(火) 07:17:51 |
  2. URL |
  3. 涙腺ゆるゆる
  4. [ 編集 ]
ひろこさん、初めまして!
コメントありがとうございます!
いつもご覧頂いているなんて、とっても嬉しいです(^^♪

私もブログ初心者で、かなり殺風景で申し訳無いのですが...
でも、書くことが思い浮かぶ限り、続けようって感じです。

ひろこさんのブログ楽しみにしてます♪
頑張って下さいね(*^^)v
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

涙腺ゆるゆる星人

Author:涙腺ゆるゆる星人
マヤ暦kin101赤い惑星の龍
生まれ。
北海道生まれ育ち。
11年前から名古屋在住。
自然、お星様☆、鉱物、岩塩、
散歩、旅行、温泉、植物の香り、
不可思議な現象???
睡眠時間 ( 夢時間 ) が大好き♪
常に睡魔と闘いながら
中2(13歳)と小1(6歳)の
女の子の育児中 !

月別アーカイブ

クリック募金

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。