• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

涙腺ゆるゆる星人の「ありがとう♪」通信

自然の中にいる時とか、たまたま見かけたワンシーンだけでも、ウルウルモードになる人って、少ないのかな...?


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の花 

  1. 2007/09/30(日) 21:11:15_
  2. 歴史のような ...... ?
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今夜は
7/11に続き
今年2度目のプレアデス星食  k-1

22時1分~22時25分

雲も多いし
双眼鏡を探すのも
何だか大儀だから

心の中で楽しむ事に 音符

盛り上げる小物は
今日はキャンドルじゃなくて
この前、高山で買ったお香

明治時代に生まれた
「花の花」

アロマも大好きだけど  絵文字名を入力してください

お香って
不思議なんだけど
アロマよりも緩んでくる

涙腺じゃなくて....
頭というか
神経というか
心というか

アルコールを口にして
ユラユラ~っとなる感じに似てる

昔から
お香って有ったはずだけど
どんな使われ方したのか気になる

調べてみたら.....

古墳時代538年に
仏教の伝来と共に伝わったとか

奈良時代には
仏前を清め、邪気を払い、厳かな雰囲気をだす
宗教的意味合い

平安時代には
貴族の間で
衣服に香をたき込め
そこに移った香りを楽しむ「移香(うつりが)」「追風(おいかぜ)」「誰が袖(たがそで)」
部屋に香りをくゆらす「空薫(そらだき)」などの優雅な習慣

鎌倉時代には
出陣に際しては
沈香の香りを聞いて心を鎮め精神を統一させたり
甲冑に香をたき込めて戦に臨んだ

室町時代には
武士達の間で沈香への嗜好は更に強くなり
中国との貿易の成功によって
良質な香木が多くもたらされた

江戸時代になって
香道具の製作などに花開き
庶民の間にも香道が浸透

時代と共に
お香の使われ方も
移り変わっていったなんて

何だかすごく
お香の歴史に
重みを感じてしまう

バラとユリとスミレの
香りが有るけど
今夜はやっぱり
ユリの香りを楽しもうっと 音符

お香に癒されながら不思議時間を過ごせるシアワセ
ありがとうございま~す 絵文字名を入力してください


 右上のクリック募金に御協力お願いしま~す 絵文字名を入力してください
スポンサーサイト

<<小春 時雨月 初霜月 木の葉月 陽月 応鐘 | BLOG TOP | 願っていた以上の結果 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

涙腺ゆるゆる星人

Author:涙腺ゆるゆる星人
マヤ暦kin101赤い惑星の龍
生まれ。
北海道生まれ育ち。
11年前から名古屋在住。
自然、お星様☆、鉱物、岩塩、
散歩、旅行、温泉、植物の香り、
不可思議な現象???
睡眠時間 ( 夢時間 ) が大好き♪
常に睡魔と闘いながら
中2(13歳)と小1(6歳)の
女の子の育児中 !

月別アーカイブ

クリック募金

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。