• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

涙腺ゆるゆる星人の「ありがとう♪」通信

自然の中にいる時とか、たまたま見かけたワンシーンだけでも、ウルウルモードになる人って、少ないのかな...?


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の木の気持ちは....?

  1. 2015/04/01(水) 12:51:43_
  2. 植物さん♪
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今朝4時半には
もうしとしと雨が降っていた....☂

風の無い
雨降りの桜風景は
心落ち着く....

急ぎ足で満開になってしまった桜さん達の
勢いを抑えて
美しいこの時期を少しでも長引かせてくれているから ♡


昨日は次女とまた
桜満開の大高緑地へ
ノンビリ散歩してきた♪

昨日もまた
平日とは思えないほどのお花見客と
遊具で遊ぶ親子達!!

自分達は
人混みの多い場所はとことん避け
開かれた空間でフリスビーと縄跳びを楽しんだ♪


何年も何度も数え切れないくらい
足を運んでいるというのに
昨日初めてユーカリの木が有った事に気付いた!!

木肌に触ると
つるりんと不思議な感触....


お気に入りの若草山の頂上に登り
自分は大好きな❤山桜さんの下でボケ~っと見惚れ
次女は縄跳びをしていると....

突然5人ほどの次女くらいの年頃の
男の子と女の子が駆け付けて来て

よりによって
その大好きな❤山桜さんに
揃って木登りし始めた!!


もし次女がその中の1人だとしたら
自分はまず
その満開の桜の木に登らせたりはしないが

仮に花の咲いてない時期に
登らせる機会が有るとすると
気が気ではなく落下しないかと
いつでも下でキャッチする体勢を整えそうだが

その5人の子供達の親は
1人として
そこには現れなかった....


登り慣れている様子の
活発そうな子達で低木だから
大丈夫そうでは有ったが

足をかけて枝が揺れる度に
落花して
哀しい気分にさせられた....(T_T)


子供達は
とても可愛らしい笑顔で
無邪気な様子で楽しんでいたから

見ている自分は切なくても
もしかすると山桜さんの立場だったら
触れ合い楽しんでもらえるのは嬉しい事なのだろうか....?


縄跳び中だった次女も
その様子を見ていて
自分と共感していたようで

「桜がかわいそうだよ....」

と泣きそうな顔で見上げ
もう縄跳びどころではなくなっていた


次女もそう感じていたのか....

木登りの子達は
屈託の無い笑顔をこちらに向け

「一緒に登る?」

....と私達に尋ねてきたが

「登らないよ、木が可哀想だから」

次女は憤怒と同情の想いから
子供達の誘いを無視し
私が答えた


そのうち子供達も過激化し
より細い枝の先の方まで行って枝を折ったり
ブラブラ枝を揺らしてワザと花を落としたりし出した

これは....

どんなに山桜さんが寛容であっても
もう自分的には許せない状態!!

「危ないし、可哀想だから止めなよ!」

何度か注意しても

「大丈夫だよ~」

....と子供達は全く聞かずに続けていた


この子達の親達は
子供の様子など全く見えない場所で
おしゃべりやスマホに夢中なのだろうな....

せっかく可愛らしい
人懐っこい性格の元気な子達なのに

満開に咲いている美しい植物を
労わる心というものを
全く持ち合わせていない....

このような育ち方を続けた子供達の将来は
一体どんななのだろう....?


家では癇癪持ちでヤンチャな次女だが
外では優しさの見られる子で良かった....

その次女は
帰り道
突然リュックのポケットで探し物をしだした

「無かった、残念....」

ゴミ袋に出来そうな
ビニール袋を探していたらしい

汚れているのが嫌だから
緑地の道端に落ちていた
甘海老の尻尾を拾って入れたかった様子


「まあいいよ~、それくらいなら
 カラスさんが喜んで食べてくれるから」

と言うと安心したようだった


そう次女は
自分がやった事ではなくても
何とか良くなる事を見付けようとしたり

他の人の為に手伝うのが嬉しかったり
他の人の心の痛みが分かったり

もしかすると
次女の方が
子供らしくない子供なのかも知れない....


その性格形成は
遺伝も有るかも知れないが

一番長い時間一緒にいる自分の影響が
最も大きそう....


そんな子供らしからぬ子供にしてしまったのは
果たして
良い事だったのだろうか....?

何の疑いも持たず
あの木登りの子達のように
伸び伸び過ぎる状態で育った方が

長い目で見ると
周囲への適応能力が身に付いていて
仲間外れとかになる可能性が低いのではなかろうか....?


残念ながら今は
イジメが蔓延している
醜く住み難い時代....

しかもここは
イジメ件数の最も多い
愛知県....

以前も感じたが
県名に愛も知も入っていながら
何故に愛とも知とも程遠い愚者が多いのだろう....?


今朝の夢は
久しぶりに覚えていた

工場?学校のような沢山の人がいる場所で
自分は何かの列に並んでいたが

別の場所に有る
北海道のお菓子の購入場所が気になり
ママ友さんにお菓子の購入をお願いした

ママ友さんは了解してくれて
「六花亭の大樹ね」
と製品名を言っていた

大樹....?

そのようなお菓子の名前が
六花亭に有っただろうか....?

六花亭だとしたら
「マルセイバターサンド」の方が良いと思い
列を離れママ友さんを追いかけた

頑張ってママ友さんを探しても
なかなか見付からず
「マルセイバターサンド」は諦めようとしていた

それにしても
「大樹」というお菓子は
一体どのようなお菓子なのだろう....?

....と疑問に感じていた夢だった


食い意地の張っている自分らしい夢だが
夢から覚めても
「大樹」という名前が気になり調べると....

六花亭のお菓子名には無かった

北海道には
大樹町という地名が
六花亭の帯広と同じ十勝地方に有り

ずっと以前
お友達と1度だけ訪れた事が有ったが
銀河連邦とか宇宙系なイメージの場所 ☆

大樹町は「たいき」と読むが
夢の中の「大樹」は
「たいじゅ」と呼んでいたから樹木の事だろうか....?


雨の中の漆黒の幹や枝に映える満開の桜風景と
不思議な余韻の残る夢をアリガトウございます <(_ _)>


※ お読みいただいて、ありがとうございます♪
   よろしかったら、左のクリック募金に御協力お願いします!
スポンサーサイト

<<初ピアノを前に緊張気味の次女 | BLOG TOP | 今年もシアワセな♡満開の桜時間♪>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

涙腺ゆるゆる星人

Author:涙腺ゆるゆる星人
マヤ暦kin101赤い惑星の龍
生まれ。
北海道生まれ育ち。
11年前から名古屋在住。
自然、お星様☆、鉱物、岩塩、
散歩、旅行、温泉、植物の香り、
不可思議な現象???
睡眠時間 ( 夢時間 ) が大好き♪
常に睡魔と闘いながら
中2(13歳)と小1(6歳)の
女の子の育児中 !

月別アーカイブ

クリック募金

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。