• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

涙腺ゆるゆる星人の「ありがとう♪」通信

自然の中にいる時とか、たまたま見かけたワンシーンだけでも、ウルウルモードになる人って、少ないのかな...?


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しい後の皆既月食に期待☆

  1. 2014/10/08(水) 12:59:48_
  2. ドタバタ育児
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
朝4時のアラーム前に
次女の声で起こされた....

「おもらししちゃった、ごめんなさい」

いつもなら
お漏らししたまま寝ていて
着替えさせるのも一苦労だというのに

自分から申し出て
素直に謝ってくれて
それはとても感心すべきことなのだが....


よりによって今朝か....(~_~;)


今日は
次女の園外保育のお弁当作りで
4時起き予定だが

その後も
皆既月食☽前の大掃除

自治会の破損物のスケッチ

英語教室の送迎


....などで
暇人の自分にしては
バタバタモードの日


更に園外保育用の敷物が
いつも入れて有るはずの
次女のリュックに入っていなくて

慌てて探しまくったが結局見付からず
自分達の使っている
大き目シートでガマンしてもらい

いつもの簡単なポニーテールではなく
ネコっ毛ゆえに真ん中分けが難しいのに
イベント時にはツインテールを希望してくる次女....


そんなこんなの余裕無い時間に
「ヒツウチ」の電話....

しかも
こんな時に限って
ワン切りではなかった....

出たくないよ~~ (+_+)

出てみると
自治会絡みで
重要な電話だった....

何故に
非通知....?


いつもなら感じない時間帯から
既に空腹になってしまうほど
慌ただしい朝だった....(>_<)


お腹具合の事を書いて思い出した♪

お弁当は卵1個で
いつもなら小さな出し巻き卵を作るが
今日は厚焼き玉子に挑戦した!!


半年以上前に
『卵1個で作れる厚焼き玉子用フライパン』を購入し
1度だけ試してみたが

慣れないせいか
あと一巻の段階で卵が溢れてしまい
形がいびつになったトラウマで使用を止めていた


今朝改めて
その縦長のフライパンを使用してみると
自分でも見惚れるほど美しい厚焼き玉子が出来た♪

しかも食べると
感動的なほど
フワフワでジューシー (T_T)

次女に朝
味見してもらった時も
目を丸くして美味しい~♪と言ってくれた (^_^)v

これからは
一口サイズのミニ卵焼きではなく
厚焼き玉子をお弁当の定番にしよう♪


もう1件....

卵焼きとは逆に
驚きのネガティブな事件が
お弁当作りの時に発生していた!!

極力
娘達にだけでも
無添加食品を選びたい自分だが

昨日の幼稚園の迎えの後で
次女とスーパーで買い物をした時

ディ○ニーキャラクターのウインナーを
毎回希望する次女に
気が進まないながらも毎回妥協してきた自分....(ーー;)


添加物は茹でた方が
少しは落とせると言われるから
タコさんウィンナーの切り目を入れて茹でているが

毎回その要領で
タコさんが
上手く出来あがっていたというのに

何故か今朝は
ウインナーの皮が全てめくり上がり
イラスト部分も取れてしまった状態に!!

食べてみても
いつもと味も食感も違っていた!!


次女も嫌がり
このウインナーは
もう2度と食べない宣言してくれた!!

これまたトラウマとなりそうな
仰天の不格好さ&不味さ体験だったが....

それを通して
次女の選ぶ目を養ってくれたのだから
有り難い体験だったのかも知れない....


トラウマといえば....

昨日の次女とのやりとりから
『バーストラウマ』
という言葉を知ってしまった....

次女がまだ爆睡中の朝食時に長女と話していたが
自分は次女がお腹にいる時から
どれほどのトラウマを彼女に与えてしまったのだろう....?


長女と同様に
健康に産めてさえいたら
そんなトラウマを残さずに済んでいたというのに....

入院中ずっと
彼や彼の家族に迷惑をかけている自分への罪意識や
まだ小1だった長女を心配する心理状態も大きかったが

レントゲン撮影時の不安感
薬を飲んだり点滴をされる度に
お腹の子への副作用を考えずにいられない自分

注射を打っていた時には
お腹の子もストレスを感じているのが
お腹の動きや痛みやデータで表されていた....


妊娠後期は安産に向けて
お腹の子供に話しかけながら
ゆっくりお散歩するのを楽しみにしていたというのに

生まれて初めての
救急車で

母体搬送....

自分が望んで予約していた助産院どころか
総合病院を救急車で
3ヶ所も転々とさせられた


ずっと以前
そんな新聞記事を読んだ事が有ったのが
急に思い出された!!

その妊婦さんもお腹の子も
母体搬送でたらいまわしの末に
亡くなっていた....


自分は....?
お腹の子は....?


寝たきりでベッドから動けず
外の空気も吸えず
日にちも曜日も時間感覚も無く

検査の連続で
いつの間にか時間が過ぎていた....


喜怒哀楽の激しかったはずの自分が
他の事に関しては無感覚人間のようになってしまったが
1つだけ感情を無くしてなかった....

  『 愛 』

....ではなく

同じ発音なのが
皮肉に聞こえて仕方ないが

  『 哀 』の方だった....

何人分の一生分なのか分からないくらい
ひたすら泣き尽くした....(T_T)


そんな気持ちになったら
お腹の子供がどう感じるのだろう....?

頭では理解出来ている事だというのに
何故に
感情は勝手に暴走するのだろう....?

涙地獄は
彼女が生まれてからも
ずっと続いていた (T_T)


帝王切開という
ストレスの大きい選択肢しか無く

仮死状態で生まれ
何かの処置のおかげで
息を吹き返し産声を上げた次女....(T_T)


肺が機能しているのを確認出来た産声と
その次女の瞳の美しさを見られたのは
せめてもの救いだったが

生まれても
他の健常児と違い
抱く事も出来ず

初乳を与える事も出来ず
別々の部屋に向かった....


NICUの保育器の中で
モルモットくらいの大きさの
小さな赤ちゃんが次女だった....

小さな体に
沢山の管が繋がれていた....


自分の予定では
抱いて授乳し
添い寝する筈だったのに....

こんな硬く冷たいケースの中の
人工的な温かい空気に包まれている....

その次女の姿の痛々しさに

面会に来ている妊婦さんは
誰1人として泣かず気丈でいるのに
号泣していた自分....(T_T)


ただでさえ
1300gしかなかった
極低出生体重児の次女の体重が

出産時のストレスで胃から出血し
しばらく人工栄養も与えられず
1000gになった....


最初は体重が減るのがごく当然の事だが
それは普通の体重で産まれた赤ちゃんだけで
元々少ない体重の赤ちゃんにとってそれはどうなのだろう....?

彼女の体重の1/4以上が減った状態で
生を維持してゆけるのだろうか....?

面会時間は短く
自分の病室に戻ると色んな事を考えさせられ
また号泣時間が何度も訪れた....(T_T)


そんな次女の出血も治まり
体重が少しずつ上向きになってゆくと
泣き声がNICUで1番大きいと聞き

そんな大きな泣き声を出せるほど
肺が丈夫に育っているんだ!!

....という嬉しさと同時に
それほどまでに泣くまで
看護師さんに来てもらえず放置される哀しさも感じた (T_T)


彼女が自分の元へ来たなら
何年かかってでも
彼女が感じたストレスの分の埋め合わせをしてゆこう!!

自分はその時に
そう強い決意をしたのだった!!


強い決意をした筈だったが....

いつの間にか
そんな大きなトラウマを背負っていた次女を
普通の子と同じレベルで見てしまっている自分....

その頃に受けたトラウマが
幼少時に全て昇華される事など
有り得ないというのに

すっかりその事すら忘れ

健康に産まれ
聞き分けの良い子に育っている長女の
同時期と比べてしまっていた....

次女には次女にしかない
個性と才能が備わっているというのに ♢

自分は何を勘違いしていたのだろう....?


皆既月食☽という
エネルギーの強力なこの日に
自分にしては忙しい時間の流れの中で

何よりも大切な事♡に気付かせて頂いて
ありがとうございます <(_ _)>


一昨日昨日と美しいお月様☽を見させて下さったお空さん
ありがとうございます <(_ _)>

今日もまた神秘的な赤い月☽夜を
よろしくお願い致します <(_ _)>

その赤い月☽の皆既月食の日に
思い出させてもらった気持ちを
自分がいつまでも抱いておく事が出来ますように ☆


※ お読みいただいて、ありがとうございます <(_ _)>
   よろしかったら、左上のクリック募金にご協力お願いします!
スポンサーサイト

<<雲間からの神秘的な皆既月食☽ | BLOG TOP | フウセンカズラさんの開花♪>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

涙腺ゆるゆる星人

Author:涙腺ゆるゆる星人
マヤ暦kin101赤い惑星の龍
生まれ。
北海道生まれ育ち。
11年前から名古屋在住。
自然、お星様☆、鉱物、岩塩、
散歩、旅行、温泉、植物の香り、
不可思議な現象???
睡眠時間 ( 夢時間 ) が大好き♪
常に睡魔と闘いながら
中2(13歳)と小1(6歳)の
女の子の育児中 !

月別アーカイブ

クリック募金

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。